一人より二人暮らし

同棲生活の衣食住や体験した事を投稿しています

座椅子から小さい椅子に変えたメリットとデメリット

小さい椅子

ヒツジノハネです。

以前使っていた座椅子を処分しました。

 

座椅子を処分した理由は色々あるのですが、一緒に住んでいる彼女と話し合いした上で決めたことなので、後悔はありません。

 

捨てたと同時に次の椅子はどうするのか?という話しになったのですが、試しにネットで見つけた小さい椅子を購入して使用してみたら案外良かったのです。

 

今回は座椅子から小さい椅子に変えたことによるメリットを話していきます。

 

座椅子から小さい椅子に変えたメリット

座椅子でくつろぐ猫

座椅子捨ててしまったので、冷たいフローリングに直座りという訳にもいきません。

 

せめて座布団くらい必要だろうと。

 

ソファー置くにはリビングが狭いので、引っ越ししたいのは山々ですが、これ以上広い部屋にしようと思うと、家賃が急激に高くなってしまうので、正直やっていられません。

 

今ある環境でやらなければいけない状況なので、今回小さい椅子に変更したのは、私たちにとって良かった事だったと確信しています!

 

立つのが楽になった

座椅子は足が伸ばせてリラックス出来るのですが、家事作業をしなければいけない時には腰が重くなってしまいます。

 

そうすると私たち2人ともリラックスしてる際、家事を押し付け合う状態になってしまっていたのです。

 

「分担してやれよ!」と思われますが、2人とも腰重いのです。

 

ついつい「やらなければいけないよな〜」と思っても後回しになってしまっていました。

 

今回捨てるNo1の原因は間違いなくコレですが、人間1度リラックスしてしまうと、ゆっくりしていたいですよね。

 

小さい椅子に変更してからは、フットワークは軽くなっている感じはあります。

 

立ち上がる動作自体が楽になるので、やる事があったとしてもスッと立ち上がる事が容易になるのです。

 

お互い怠けずに家事を協力しながらやっていけていますので、家事で揉める事も無くなりつつあります。

 

掃除が楽

座椅子を購入してしばらく経ってから気がついたのですが、お互い忙しいと中々掃除する機会がないです。

 

当然休日に家事をこなすのですが、ふと見ると埃やゴミが座椅子に付着している事って結構多いのです。

 

表面を掃除するだけならまだいいのですが、裏面となるとさすがに骨が折れます。

 

ひっくり返す事も元に戻すという事も正直面倒だと思いました。

 

私たちは二台だけでしたのでまだマシな方ですが、大家族だったらかなり重労働です。

 

その点、小さい椅子にしたら軽くて取り扱いをしやすいので、掃除などでどかしたい時も苦労することなくどかす事が可能です。

 

掃除は定期的にするのですが、それでも座椅子に比べたら圧倒的に楽なので、結果的に掃除を終わらせる時間がグッと早くなりました。

 

掃除にあまり時間を使われたくはないので、結果的にはこの事も良かった理由の1つです。

 

応用がきく

ただの小さい椅子なのですが、意外なところで活躍したりします。

 

例えば今こうしてブログを書いているのですが、足置き代わりとして使用する事も可能です。

 

PC作業は長時間ずっと座りっぱなしになる事が多いので、足置きがあるのと無いとでは体の負担度が変わってくる気がします。

 

椅子が丈夫な作りのものだったら、ちょっとした踏み台としても使用可能です。(安全には気をつけてください)

 

立ちっぱなしの仕事をされている方なら、足を上げる足置きなんかでも使用する事ができます。

 

足がむくみやすいのであれば血液の循環のためにも、足上げしてリラックスできる体勢をとる事も大事なので、そのリラックス出来る助けとなる事でしょう。

 

安い(高額ではない)

某有名家具店なら、何万の世界になってくるので、出せる出せないは当人次第となりますが、そう高い金額のものはあまりないと思います。

 

少なくとも座椅子の方が高かった!

 

小さい椅子にしたことによるデメリット

悲しいことがありショックを受けた

形状自体が変わってしまったので仕方ない事です。 

とは言えデメリットといえばそうなってしまうので、掲載します。

 

個人的にはこのデメリット含め、変更して良かったと感じていますよ!

 

背もたれがない・小さい

小さい椅子だから当然だろう。

座椅子で背もたれでどっしり座っていた人が急に小さい椅子に変更したんだもんな。

 

それじゃあ違和感感じますわ!

 

後ろに何度かひっくり返ったのですが、いずれも大事には至らずで良かったです。

 

背筋も前かがみになってしまいやすいので、背筋を伸ばすように意識する必要があります。

 

体重重い人はちょっと辛いかも・・・

体重制限とかがしっかり記載されていたら分かるんだけど、大柄な友人が遊びに来た時、小さい椅子にした時に「ミシッ」って壊れそうな音を立てる時がありました。

 

幸い壊れていなくて現在もしっかり椅子としての役割は果たしているのだけど、大柄な友人は座らせない方がいいかもしれない時もあります。

 

壊れたらその場は大笑いなのでしょうけどね。

後で残骸を片付けるのは間違いなく私になってしまうので、それは悲しいです。

 

なので、次はもう座らせない!

 

結果は小さい椅子に変えて良かった

デメリットはちょっと気をつけてあげればいい事なので、買って良かったものだと思っています。

 

座椅子も捨てがたかったものなのだけど、使わないものを置いても邪魔なだけです。

 

処分するなり売ってしまったりする方が家の中も片付くので、要らないものはサッサと捨ててしまいましょう。

 

まとめ

まとまりのある机

座椅子があった生活も楽な体勢になる事ができ、リラックスする事が出来たのですが、私たちには小さい椅子の方が次の行動に移すのに適していました。

 

人にはそれぞれの環境や考えがあるので、どちらがいいかは個人が判断して頂くしかないのですが、フットワークを軽くしたいのであれば、小さい椅子は有効でしょう。

 

何が必要なのかを十分吟味した上で、あなたに適した椅子を見つける事によって、快適な自宅の環境を築いて行く事が大切です。

 

おしまいっ!