一人より二人暮らし

シンプルライフを目指す同棲生活の衣・食・住・雑記

【結論】台風の中危険を冒して出勤する理由がない

f:id:hituzinohane:20181002224116p:plain

ヒツジノハネです。

 年々台風の勢力が異常気象のせいなのか、強くなっている感じがします。

そのような状況で危険を伴いながらも行かなきゃいけないのか・・・

 

会社というところは!!

 

世の中には台風だろうが休めない仕事をしている方々もいらっしゃる上で成り立っている事は分かっています。(本当にご苦労様です)

 

しかし、あなたの仕事は台風だろうが危険を冒してまで出勤する必要ある事なのでしょうか。

会社はあなたを守ってくれません!

通勤する事によって危険が生じるという場合でも出勤する必要があるのでしょうか。

 

私個人の結論ですが、「自分の身は自分で守ろう」です!

 

台風でも出勤する意味ありますか?

こんなこと書いてると

「社会人失格」とか「ニート黙れ」など言われるかも知れませんが、私もれっきとした会社員です。

 

台風の真っ只中に帰宅指示され、帰りの電車が運休してしまい途方にくれたりした事や台風がある程度通りすぎるまで残業しろといった事を上司命令されたりした事もあります。

 

その度に思うのが

「台風の時にまでやる仕事か?」

という事です。

 

ライフラインや生命に関係する仕事の場合は、どんな状況であれ職場に行かなければいけないでしょう。

しかしそうでないのなら、台風で警報が出ている時にまで出勤するという事は、自殺行為に等しいものと考えています。

 

台風時に外出をするという事は様々なリスクが伴います。

 

台風時の外出リスク

実際の出勤方法があるのですが、あえていつもの出勤方法で考えてみましょう。

 

車出勤の場合

車の中は濡れずに済むのですが、危険が多いのは運転中です。

まず台風時は大雨が降る事によって視界が妨げられる状態が続きます。

通勤距離が長ければ長いほどストレスは増していく事でしょう。

 

強風でハンドルが取られる危険性があるという事も忘れてはいけません。

強風による飛来物の危険があります。

自分は慎重に運転していても、前方の荷物やどこからか飛んできたものがフロントガラスを直撃するという事も想定して運転をしなければいけないのです。

 

その他にも雨でブレーキの効きが悪くなったり、スリップしたりする事があるという事も念頭に置いて運転しなければいけないのです。

 

車は雨天時も濡れずに移動できるというのは大変便利なのですが、同時にリスクを背負うという事を忘れてはいけません!

 

電車やバスの場合

あまり乱れる事のない日本の電車やバスでも、台風など大荒れ時は必ずといっていいほどダイヤが乱れ、通勤に多大な影響があります。

通常なら30分あれば会社に到着するところを、台風時には1時間以上かかってしまう事も想定されます。

 

最悪の場合運休になってしまい、通勤や帰宅に支障が出てくる事もあります。

電車が運休してしまったら通勤なんて出来ないですし、駅にたどり着くまでに多大な労力がかかってしまいます。

 

バスの場合は運休は無い時の方が多いですが、定刻通りには来ないでしょう。

どのバス停もバスターミナルみたいになっていればいいのですが、バスターミナルになっているのは主要駅のごく一部です。

 

待っているだけで、大雨や強風にさらされながら待っているつもりですか?

大雨や強風の中待っているのが快感と思う方ならいいのですが、大多数の人は嫌だと思います。(私は嫌です)

 

駅やバス停にたどり着く前に強風で飛来物が飛んでくる事もあります。

強風時には何が飛んでくるのか分かりません。

台風が真っ只中の際にはまともに歩けません!

 

そんな危険な状況の中で通勤のために外出する方がおかしいのです!

 

自転車の場合

自分は過去に一度だけやらざるを得なかった事がありますが、はっきり言って

 

もう二度としたくない!!

 

私の場合帰宅時に台風直撃だったのですが、早めにキリをつけて帰る事が出来ない状況だった為、台風直撃にもかかわらず自転車で帰宅するハメになりました。

 

周りからは「大変だったね〜。大丈夫だった?」と心配されましたが、声をかけてくれたその中に私が台風直撃時に帰宅する事になった原因を作った張本人がいた為、内心いい気はしませんでした。

 

このような事にならない為にも、通勤時でしたら様子を見て通勤するか欠勤するか判断すればいいのです。

帰りは出来るだけ早く帰宅する事を心がけた方がいいのですが、少し時間を置いた方が安全という場合もありますので、臨機応変に対応した方がいいです。

その時は雨宿りしながら残った仕事を片付けてしまえばいいのですから。

残業代はきちんとつけましょう!

 

ここでよくある会社側からの通知

台風は地震と違って到達時間や進路などがある程度予測出来ます。

その際に会社側から通知があるところもあります。

 

1 会社に早めに来るように

2 無理せず出勤して下さい

3 明日台風だから、今日は会社に泊まり

4 職場の近くのホテルに泊まる

 

色々あるようですが、これらの事いちいち真に受けても疲れるだけです。

行ける状況になったのなら出勤すればいいのです。

 

もしこのような通知があり、当日通勤が困難だった場合、こうすればいいのですというあくまでも持論をツラツラ書いていきます。

 

※会社側も明らかに激しい暴風雨の中出勤を命じ、万が一被災されたとなると、安全配慮義務に違反しているという事になってしまうので、お互いの為に無理は禁物という考えです。

 

1 会社に早めに出社する

15分とか20分くらいならまだ理解できる。

いつもより少し早めに出社する程度で何とか出勤できるようなら、そうした方が無難でしょう。

 

ただし、1時間とか2時間早く来いとかいう事には論外でしょう。

会社はあくまでも賃金を得るための場所です。

 

その1時間2時間早く出て、のんびり出来るのですか?

ちゃんと仕事として給料がつくという事ならいいでしょう。(早朝手当とか)

給料がつかないただの奉仕なら、台風であるという事を理由にしてタダ働きをさせる事が目的なだけです。

 

通常より少し早めに出発すればいいです。

出勤するのに困難な場合は遅刻・欠勤すればよし!

 

2 無理せず出勤して下さい

お言葉に甘えましょう(笑)

少し早めに出れば出勤出来そうならいいのですが、無理して出勤する必要はありません。

会社がそう言っているのですから。

出勤するのに困難な場合は連絡を入れる事は忘れないようにすればOK!

 

3 明日台風だから会社に泊まり

仮眠室もないところで寝るのかな?

一旦着替えとか取りに帰るの?

じゃあ帰ればいいじゃんって思うのは私だけでしょうか。

よっぽど重要な仕事がある時以外、そんな事しなくていいんじゃないかって思う。

 

4 職場近くのホテルに泊まる

これは少し楽しそうですね!

いつもと違った感覚を味わえるので、楽しそうだと思ったらやるかもしれない。

ただ、会社命令だとすると嫌になるんだな〜(笑)

「経費ですか?実費ですか?」って聞けばいいんじゃないですか(適当)

 

経費や会社がホテルを取ってくれた場合は、必要なものを揃えた上でホテルに泊まればいいと思います。

 

まぁそんな事大概ないと思うので、実費なのでしょう。

著者はその経験がないので勝手な事書いていきますが、実費の場合は、帰宅すればいいのです。

家があるのにわざわざ実費でホテルを取る必要なんてないじゃないですか。

 

上司がどうこう言おうが

「ホテルの予約取れませんでした〜」であとは遅刻するなり休むなり、好きにすればいいのです。

通勤困難な状況ではどうしようもないですからね(笑)

 

※あくまでも全て自己責任ですけどね。

 

最後に

台風という大雨や暴風の吹き荒れる中ガンバっている方々には申し訳ない話しなのですが、少なくとも私はそんな危険や労力を伴ってまで通勤しようとは思いません。

 

勿論仕事は大事ですし、生活の為に休んではいられないという気持ちもわかりますが、自分の身の安全には変えられません。

 

自分にとって最善の判断をする事が大事!

 

おしまいっ!