一人より二人暮らし

シンプルライフを目指す同棲生活の衣・食・住・雑記

私服をパターン化したメリットとデメリット

ヒツジノハネです!

最近自分の洋服をパターン化させています。

もう着なくなった服はドンドン処分して減らしています。

ドンドン処分していった結果、シンプルで合わせやすい色の服しか残っていませんでした(白・黒・グレー・ネイビーがほとんどです)

 

結論から先に言うとやってよかったと思います。 

 

自分の私服をパターン化したメリット

色々な理由があるので順を追って書いていきます。

あくまで私の考えです。

 

クローゼットに洋服が全て収まる

まず理由にあげるのがこれです。

下着もジャケット等全てをこのクローゼットの中に収めたいのです。

自分のものは全てこの中に収納させたいと思っています。

 

半分は自分の物ですが、もう半分は彼女の物で埋め尽くされているのです。

出来るだけ生活感を出したくないので、常に収納の仕方や不用品の処分を考えていかないといけません。

部屋にタンス等を置けば収納も増えるのですが、それほど部屋自体は広くないのでクローゼット内に入るようにしなければ、部屋がどんどん狭くなるだけです。

家具が狭い部屋にたくさんあると、それだけで圧迫感あります。

 

靴も元々備え付けられていた靴箱に自分と彼女と両方の靴を収納しています。

※備え付けの靴箱が少し大きめだったのもあります。

玄関に出しっぱなしの靴があるのって嫌になりません?

 

彼女は比較的多くの靴を持っていますし、気に入ったものがあれば購入する事も多いです。

私の靴は、普段使用の2足・サンダル1足・革靴2足の計5足で現在事足りています。

余計な家具を買う事もないので、お金もかかる事はありません。

 

コーディネートの時間が短縮できる

f:id:hituzinohane:20181031225125j:plain

 私は朝にあまり強くないせいか起きるのに時間がかかります。

朝シャワーを浴びないと体が起きてくれません(笑)

朝食や身支度を整えたりする時間もかかってしまいますが、この辺りの時間短縮は現状かなり難しいです。

朝食を慌てて食べたくないし、身支度だってちゃんとしようと思ったらそれなりに時間はかかってしまうものです。

 

そんな時に今日の服装はどうしよう・・・って考える時間なんてそれほどないと思ったのです。

1日のコーディネートを考える時間があるなら、ちょっとした確認事項・家事・作業くらい出来るのではないかと。

 

意味のない時間を取られるのは勿体無いので、それならいっそ自分の好きな洋服をパターン化して、コーディネートを考える時間を減らせばいいと考えました。

 

世界の成功者達はよく同じ服を着るという事らしいのですが、確かに同じような服を着ている方々は多いようです。

オバマ前大統領スティーブ・ジョブズも同じような格好をしています。

私も成功者になりたいので、この方々の真似をしようと思った・・・訳ではありません。

 

コーディネートに悩まないので疲れにくい

人は1日に9000回以上の決断をしながら生きているようです。

仕事はもちろんですが日常でも様々な決断をしています。

 

決断となると何か大きな事のように聞こえますが、スーパーで買い物をする時とか、家事の順番とか決めたりする事も同じ事です。

 

1日9000回以上決断するのに脳の中では様々な情報を整理・検索などをしているのですから、決断するのに時間がかかればかかるほど脳も疲労します。

 

脳ってすっげ〜働いているんだね!

 

コーディネートも勿論悩めば悩むほどの脳の疲労対象となってしまうので、できる限り悩まずにコーディネートが出来るようになればと思った訳です。

 

私服パターン化メリットまとめ

 
・備え付けのクローゼットで全ての洋服が収納可能となり、余計な家具を買う事がない。

・コーディネートにかける時間が短縮できるので、その分他の事に時間が割けるようになる。

・コーディネートが決まらないということから脱却出来る。  

 

自分の私服をパターン化したデメリット

ここからはデメリットを書いていきます。

当たり前だと思われるかもしれませんが、誹謗中傷はご遠慮願います。

 

毎日同じ服着てると思われる

いくら同じものを複数枚持っていてちゃんと着替えもしていますが、変わり映えはしないので「また同じ服着てる」と言われる事があります。

自分が気に入って着ているのであれば、何をどう言われようが知った事ではないと思えばいいのですが、言われることに抵抗を感じるならせめて清潔感を保った服装でいる事を心がけしましょう。

 

たまに男性の方でTシャツがビロビロに伸びたものを着ている方が街中を歩いているのを見かける事があるのですが、正直みっともないと思います。

同じものを着るのであれば複数枚用意し、ボロくなった洋服は交換するといったちょっとした気配りはした方がいいです!

 

高価なものを毎回着る必要性はないのです。

安くてもいいので清潔感を出す事が重要だと思います。

いくら高価なものでもボロボロになったものでは「新しい洋服を買う事も出来ないのか?」とマイナスな目で見られてしまいますので。

 

飽きる

同じものばかり着ていると確かに洋服選びに時間がかからないので得した気分になるかもしれませんが、着ている本人も何も変化がないのでパターン化しているうちに飽きてしまう可能性があります。

 

新しいのに交換する際に違う色などを利用し、色々試してみるなどの飽きない工夫をする必要性があります。

 

私服パターン化デメリットまとめ

 
・毎日同じ服を着ているように見られ、つまらない印象になったり、汚らしい印象を持たれる事がある。

・パターン化によって、同じような服装を着る事の毎日となり、自分自身がパターン化に飽きてしまう。

 

私服のパターン化をする際に考えた事

ここからは実際私服をパターン化する際に考えた事を書いていきます。

ここからは個人によって好みなどが変わってくるので、自分に置き換えて考えて下さい。

 

自分の私服の好み

人それぞれ私服の好みって違うと思います。

私はどちらかというと綺麗目な洋服の方が好みです。

ジャケットスタイルとかってジャストサイズで着ると本当にかっこいいですよね!

ジャケットがあればちょっといい所でのランチくらい物怖じせず行けます。

  

www.hitoriyorifutarikurasi.com

 

ちょっといい所だったらジャケットとかを使用してもいいのですが、あくまでも私服です。

私の場合はショールカラーカーディガンを愛用しています。

このショールカーディガンのいい所は襟がついている為にきちんと見える感があるという事です。

 

f:id:hituzinohane:20181031002928j:plain

 ※黒っぽく見えますが実際の色はネイビーです。

 

写真のようにシャツを中に着てもいいのですが、Tシャツでも問題なく着こなす事が出来ます。

この格好なら普段使いも十分ですし、写真みたいに中に着るものをシャツにすればきちんと感も出ます。

ジャケットは堅苦しいけど普通のVネックカーディガンでは少しカジュアルすぎるという時に活躍出来るので、私はこのショールカラーカーディガンをベースとして私服をパターン化しています。

 

私はこのような格好が好きなのでよく着ていますが、それを自分に置き換えて頂ければいいだけです。

パターン化するには自分がどのようなタイプの洋服が好みなのか、はっきりさせる必要があると私は思います。

 

季節の変化

日本には四季があります。

夏は本当に暑くなっていますし、冬は凍えるくらい寒い時もあります。

春から秋くらいはショールカラーカーディガンを主体とした組み合わせで過ごせますが、寒くなってくるとこれだけでは凍えてしまいます。

 

そこで私は数年前より寒くなってくる秋〜冬にかけては革ジャンを取り入れる事にしました。

※かっこいいし丈夫そうだし

 

でも実は

革ジャンって実は寒いんです!

防寒性ってないんですよ。裏地が防寒性のある素材だったらまだしも・・・。

防寒性がないのになんで着るのって言われるかもしれませんが、革は冷たい外気を遮断してくれる効果はあります。

なので寒い時は革ジャンの中にユニクロのヒートテックやマフラーなどで防寒対策をしています。

結果としてこれが秋〜冬の定番となり現在に至っています。

 

春や秋などは朝晩と昼では気温差が大きい場合がありますし、夏や冬は室内と室外ではエアコンが過剰に効いている場合がある為、着脱可能な洋服にしておくと便利です!

 

洋服のお値段

自分の譲れない所は多少値段が張ってでも良い物を手に入れたいですし、抑える事の出来るものならなるべく安く買いたいと思うのが多いのではないかと思います。

 

私の場合、春〜秋に着るショールカラーカーディガンは非常によく着るので、買い替えが容易な金額のものを購入しています。

革ジャンはきちんとメンテナンスをする事が出来れば長い事使用可能なので、ちゃんとした素材のものを吟味し、多少値段が張ったものを購入しました。

 

長く使えるものに関しては金額を出し惜しみする事ないようにしています。

 

 最後に

私服のパターン化は現在も行なっています。

不要な洋服を処分する事が出来れば、その分クローゼット内も空きが出来るので飽きないように他の色を取り入れたりと工夫をして楽しく継続できるようにしている最中です。

クローゼット内に洋服を収める事が出来ているので、余分に家具を部屋に設置する事もない為部屋を広く使える事も良かったと思えるポイントです。

 

私は色々な面で得をする事が出来ましたが、あくまでも楽しんでやらなければ継続しないので、自分にあった形でパターン化を楽しんでいけたらと思います。

 

おしまいっ!