一人より二人暮らし

同棲生活の衣食住や体験した事を投稿しています

貯金するなら先取り貯金を習慣化する事が大切です【無理はしない】

f:id:hituzinohane:20190525231138j:plain

ヒツジノハネです。

貯金って出来ていますか?

以前の私はお金が入ったら入った分だけ使ってしまっていたので、本当に欲しいものが出てきた時にお金が無くて変えないという思いをたくさんしてきました。

 

自分の将来を考える歳になってきて、根がビビりな私は急にこのような不安を感じるようになりました。

  • 急な出費が出てきた時の不安
  • 将来のお金の不安

という不安だらけの生活を送る事になるのは非常に不愉快だったので、現在の2人暮らしをする以前から少しずつですが、先取り貯金を進めてきました。

 

現在も少しずつではありますが先取り貯金をする事によって、将来へのお金の不安はまだまだ尽きる事はないのですが、急な出費があった時のお金の不安からはいくらか楽な気持ちになっています。

 

先取り貯金を成功させる方法は習慣化です

f:id:hituzinohane:20190525231235j:plain

貯金といってもお金はすぐに貯まるものではありませんが、毎月家計に負担がかからないくらいの金額を貯金出来たら、1年も経てばそれなりの金額になります。

 

仮に1年間貯金するようであれば

  • 月1万円なら1年後には12万円に
  • 月2万円なら1年後には24万円に
  • 月5万円なら1年後には60万円に

あくまで例ですが、1年もあればこのくらいは貯金出来るのです。

月1万円が無理なら月5000円だってOKです。

 

貯金額を決めて淡々とやっていけば必然的にお金は貯まっていくのですが、人間なので様々な誘惑に負けてしまう時だってあります。

でも、お金が入金された時にあらかじめ貯金額を他に移したら、残った分で生活していくしかないので様々な誘惑があったとしても、無駄使いをする事は少なくなるのではないでしょうか。

 

先に貯金分を抜いておく、いわゆる【先取り貯金】をすることによって貯金額を確保し、残った分で生活をしていくという方法で段々と貯金額が増えていくことが実感できる事でしょう。

 

私の場合ですが、最初はお金(給料)が入金された分だけ使ってしまい、貯金はありませんでしたが、先取り貯金をする事によって少しずつですが、貯金する事が可能な状態になっていきました。

 

最初は5000円くらいからでいいと思います。

毎月の貯金を先取り貯金によって習慣化させる事で段々とお金を貯める事ができる体質に変わっていくのではないかと考えています。

5000円の習慣化が出来るようになってきたら、次は10000円と少しずつ高く設定していけばいいのです。

金額の問題ではなく、まずは先取り貯金を習慣化させる事が当たり前になるようにする事が大事です。

 

お金を貯める上での注意点

手をばつ印にして注意する黒子

注意する事だってあるんだよ!

貯金したいのであればもっと稼げばいいと考える方もいる事と思います。

昔は残業代でかなりの金額を稼ぐ事も可能だったのかもしれませんが、現在は働く環境が目まぐるしく変化しているのが現状です。

 

会社員であるなら給料はある程度決まってしまいますし、残業しようにも現在は残業が管理される事が多いですので、繁盛期ならまだしも閑散期に残業は出来ないと思います。(ダラダラ残業代を稼ぐ方もいる事でしょうけど、いずれ淘汰されていく事でしょう)

 

フリーランスで活動しているのであれば仕事を増やせば収入は上がるのですが、仕事を増やすとその分作業時間が多くなり、1人ブラック企業にもなりかねません。

仕事のし過ぎで体調不良になってしまい、医療費がかさんでしまうようでは本末転倒です。

 

会社員にしてもフリーランスにしても、健康である事が何よりも大切です。

 

過剰労働で得る事が出来たお金を、毎月やる事が出来たらの話となってしまいますのでオススメする事は出来ませんけどね。

しかし、期間が設定されている長時間労働であるのなら、やってもいいかと思います。ここは頑張りどころという時もありますから! 

 

先取り貯金のやり方は簡単です

TAKE IT EASYの文字

1度決めたら後は淡々とやっていくだけなので、深く考え込む必要性は全くありません。

ですが、今まで貯金なんて考えた事がなかったという方にやり方を書いておきます。

私は実際この方法を現在も粛々と行っています。 

 

1 無理のない貯金額を決定する

月5万円くらい貯金したいと思うかもしれませんが、ちょっと待ってください!

貯金を5万円行って生活がやっていけるのでしょうか? 

やっていけるのであれば5万円でも10万円でも貯金しちゃって下さい。

 

しかし、今まで貯金しなかったのに急に貯金すると言っても、あなたの生活費は足りるのでしょうか?

最初のうちは無理しない程度に貯金額を押さえておいて、後々貯金額を上げるという事だって可能ですので、ここで無理な設定をすると全てが台無しになってしまうので、現状を踏まえた上で無理のない範囲で貯金額の設定をして下さい。

 

2 お金(給料など)を引き出す

出来れば全額引き出してしまう方がいいのですが、引き落としされるものもあると思いますので、引き落としされる分は銀行口座に残しておきましょう。 

そして残った金額は一旦全て銀行から引き出す事をお勧めします。

最初は大変ですが慣れていく事が大切です。

ほぼカード払いという方はあらかじめ、必要な費用を計算しておきましょう。

 

3 仕分けは貯金額を1番先にする

この時点で貯金額は決定しているという前提で話を進めますね!

1番始めに貯金額を確保しておく事を忘れないようにして下さい。

人間って意志が弱いものです。

欲望に負けないようにする事ってなかなか大変ですからね。

何度も言いますが、貯金額は無理のない範囲で行う事が肝心ですよ!

 

4 その後家賃・水道光熱費・食費などを仕分けする

人間が文化的に生きていくには欠かせないお金をちゃんと取っておきましょう。

食費をトコトン切り詰めるとかはやめた方がいいです。

毎食カップヌードル生活をやっていると、最初のうちはいいかもしれませんが、栄養が偏ってしまうため、風邪をひきやすくなるなど体にとっていい事はありません。

 

だからと言って食費がバカ高くなってしまうのもいけませんが、自炊などをして食費を浮かす努力をしてみましょう。

 

それでも足りないという方は固定費を下げるのがいいと思います。

今までかかっていた家賃を5万円から4万円の物件を検討したり、携帯料金の見直しや格安SIMの検討をしてみては如何でしょうか?

生活のレベルを下げる訳ではなく、あくまで無駄を省くという考えで行えばいいのです。 

 

5 貯金用の口座にお金を入れて下さないようにする

分けた方がいいです。

生活費と一緒にしておくと貯めた金額が把握しにくくなってしまいますし、入金される口座に入れておくと、お金が足りなくなった場合に使用してしまう可能性があるのを防ぐためです。

 

貯金用の口座を持つ事によって不必要である時はカードを持つ必要はありませんし、カードを持たない事によって足りない場合に不用意に使うという可能性を少なくするためです。

 

あくまで、貯金用としての口座という意識を持ち、貯金を継続させていく事が重要になってくるので、ここでお金を下ろしていては何の意味もありません。 

 

この5つのステップを毎月習慣化させる

習慣化のススメ

習慣化を始めよう

ある程度の金額を貯めるためにこの1〜5の順番を毎月習慣化させる事が肝心です。

一朝一夕では貯金は難しいですので、時間をかけて少しずつ貯めていく習慣をつけるという事が大切なのです。

最初は辛い時も出てくる時もあると思いますが、よほどの事がない限り貯金通帳には手をつけないように自分に仕組みを作っておけば、後々に自分に返ってくる事でしょう。

 

但し目的(目標)が無いとなかなか貯まりません

どんな些細な事でもいいと思います。例えば

  • 車やマイホームの頭金
  • 高級腕時計やバックの購入費用
  • 老後の蓄え
  • 車の車検や税金のために
  • ビジネスの資金

その人によって貯金する目的は違ってくるかと思いますが、何だっていいのです。

お金を貯めている事なんて聞かれたって答えなくていいので、自分のために(または家族のために)やっていくという行動が大事なのです。

 

お金が全てとは思いませんが、少なくとも不安の大部分はお金が関わってくることが多いので、 多く持っておいて損な事なんてないのです。

 

まとめ

青空

自分の願望を叶えるためにお金は必ず助けとなるものです。

時としてまとまったお金が必要になる時もある事でしょう。

その時に「あの時ちゃんと貯金しておけば良かった」という後悔をするくらいなら、毎月できる範囲内でいいのでお金を貯めておくという習慣をつけておく事によって、後々に役に立つ事だってあるのです。

 

後悔してからでは遅いので、早速貯金するという行動をしていきましょう。

 

おしまいっ!