一人より二人暮らし

同棲生活の衣食住や体験した事を投稿しています

【同棲】ポールハンガーを活用すれば洗濯物の部屋干し作業が捗ります

室内干しの必需品

ヒツジノハネです。

同棲生活も早いものでもうすぐ2年過ぎようとしています。

これまで色々なものを購入してきましたが、同棲開始時から現在まで、ずっと使用している組み立て式ポールハンガーが洗濯干しの際に大活躍をしているので、実際に使用した感じをレビューします。

 

ポールハンガーのメリット

メリットが無ければ誰も必要だなんて思わないだろう。

私はこの2年近くずっとお世話になってきた。

これからもガッツリ使う予定なので、メリットをしっかり書いていきます。 

 

10秒で設置出来る

説明する必要がないくらい簡単なのですがこの3ステップで設置可能です。

  • 左右にだいたい必要な長さを想定しポールを置く
  • 竿を必要な長さまで伸ばす
  • ポールの頭にある出っ張りに乗せて距離を微調整する

これで完成です。簡単でしょ!

よほどの筋力不足と動きが遅い人でなければ大概このくらいで設置可能だろうと思います。

 

実際に計測してみた結果、MAX1700㎜まで伸びますが、実際は1600㎜くらいまでが洗濯物を引っ掛ける事ができる範囲です。

干すものが多い場合はMAXまで伸ばしておきましょう。

しまう時も竿を短くしてコンパクトに収納するのも10秒くらいで出来るので、このお手軽さは普段忙しく過ごせれている方にはありがたい仕様です。

 

尚、使用しない場合はポールスタンドとしてこのように羽織物を引っ掛けてすぐに出かけれるようにする事も出来ますよ。

羽織物をポールハンガーにかけておいている状態

すぐに羽織れるようにポールハンガーにかけておく事が可能です

いかがでしょうか?

「ハンガーをもっとまともなのにしろ!」というご指摘はお断りしますね。

 

洗濯物を干すハンガーはアームが伸びるハンガーの方が作業が捗ります。

スライドキャッチハンガーで検索すると出てきます。

Tシャツって言ったって、色々な首のハンガーがある訳ですし。

タンクトップのようなもの干す時は、何気に全開まで伸ばさないと落ちてしまわないかどうか不安になってしまいます。 


小久保工業所 洗濯ハンガー 4色組(ピンク・グリーン・ブルー・イエロー) 約41×5×21.5cm パット付スライドキャッチハンガー 6990 4個入

 

同棲生活しているので、ある程度のハンガーの数は必要です。

共働きをしているのであれば、洗濯物を2〜3日分まとめて洗うことも多々あると思います。

少なくて困る事はあるかもしれませんが、多くて困る物でもないので、多少多めに購入しておいても損はないでしょう。 

 

洗濯物を外に晒す必要がない

外に干すってお日様に当てる事が出来るので気持ちいいのですが、同時に他人に自分の洋服や下着などを晒す事になってしまいます。

男の1人暮らしならまだしも女性は嫌だろうと思います。

 

私は2人暮らしなのですが、彼女の洗濯物を外に晒す事には抵抗感があります。

だって見知らぬ人に我が家の洗濯事情とかを見られる訳ですからね。

会社名とか入っている作業着とか見られて、「あそこに住んでいる人はどこそこの会社に勤めている人なんだ〜」とか思われたくないですから。

 

天候に関係なく洗濯する事が可能

雨の日や強風の日は外に洗濯物が干せないのは分かりますが、最近は花粉や黄砂まで降ってくるこのご時世です。

昔はアレルギーなんて事はあまり見受けられなかったのでしょうが、色々な有害物質がある以上、外に干すというメリットもそれほどないのかなと思っています。

 

また近年ゲリラ豪雨など急激に天候が変わる場合も多々あるので、朝は天気が良くても昼には大雨が降るなんて事もあるのです。

そうなるとせっかく洗濯したのにも関わらず、また洗濯をやり直さないといけないという手間ばかりがかかってしまうという虚しい結果だけが残る訳です。

 

それなら部屋干しした方がいいではないでしょうか?

  

ポールハンガーのデメリット

2年も使っていれば当然「もうちょっとこの辺りが改善されるといいな〜」なんて思う事が出てきます。

メリットばかり紹介していても信憑性無いですからね!

とは言っても私はこのデメリットがあったとしても、購入してよかったとは思っていますよ。 

 

組み立てしないと使えない

説明書あるから私みたいな組み立て苦手な人でも出来ました。

時間かかる可能性もあるから、ある程度時間が取れるときに組み立てた方がいいでしょう。

DIYとか得意な人ならあっという間にやれちゃうレベルなのでしょうけど。 

 

足が若干弱い

備え付けではないので致し方ないのでしょうけど、いまいち頼りない感が出ちゃっています。

洗濯物を干しているときにうっかり蹴ってしまう事は避けた方がいいです。洗濯物を回収するのが大変になってしまいます。

 

私も何度か経験しましたが、スタンドが倒れてしまうと洗濯物がほぼ床につく事は確実でしょう。

汚れとかが気になるようであれば、クイックルワイパーなどで掃除して置くという事前対策をしておくといいでしょう。

ちなみに自立機能はないため倒してしまったら泣きながら元に戻しましょう。 

 

重量制限がある

布団は干せません。

干せても竿が曲がってしまう可能性があるためオススメしません。

やるなら自己責任で行ってください。

過去に私も一度だけ試して見た事がありますが、明らかに無理そうだったのですぐに止めました。

洋服やタオルでしたら、ある程度量があっても平気だと思います。

 

まとめ 

洗濯は時間がある時にやりたいけど、天候に邪魔されたくないという事ならポールハンガーを使用するという選択肢もありですよ!

  • 同棲している方
  • 1人暮らし

の方にはすごく便利なのではないかと思います。 

 

○メリット

  • すぐに設置できる事
  • 洗濯物を外部に見せる事がない
  • いつでも洗濯を干す事が可能

 

 ○デメリット

  • 組み立てしないと使えない
  • 足が若干弱いから倒れやすい
  • 重量制限がある

という感じです。

ある程度の広さがあれば設置出来るので、部屋が多少狭くてもOKです。

私たちは年中利用していますが、各ご家庭の状況によって使用用途は変わってくると思います。

 

以上、2人暮らしをしている私からのレビューでした。