一人より二人暮らし

シンプルライフを目指す同棲生活の衣・食・住・雑記

部屋で熱中症にならない為の対策

f:id:hituzinohane:20180917233936p:plain

 

ヒツジノハネです。

今年は猛暑というより酷暑と言われていますが、本当にシャレにならないほどの暑さです。

少しの時間外を歩くだけで汗が滝のように流れてきます。

こんな酷暑の中屋外で作業されている方達を見ると、本当に尊敬します。

外出時はもちろんですが部屋の中でも熱中症になる事は多いそうです。

部屋の中で熱中症になる事を[室内熱中症]と呼ばれるそうです。

特に小さいお子様や高齢者の方は注意が必要です!

 

今年この酷暑で現在行っている我が家の対策をまとめてみました。

 

帰宅後は即エアコンの電源を入れる事

私は彼女と同棲生活で共働きをしています。

帰宅時間は一緒だったりどちらかが先に帰宅していたりと様々ですが、共通して言える事は帰宅後は真っ先にエアコンの電源を入れる事としました。

帰宅は夕方から夜に帰宅するのですが、全然室内の温度が下がってない状態でとにかく暑いのです!

今年は早めにエアコンのフィルター掃除をしていて正解でした。

まさか7月の連休からこんなに熱くなるなんて想像していませんでした。

自宅で快適に過ごす為に室内の温度をコントロールする事は大切な事です。

 

ちなみにエアコンの使用法は過去記事にあります。

hituzinohane.hatenablog.com

 

エアコン代をケチって自分の人生を詰みたくないので、電気代が高くなろうがここはケチるところではありません。

 

この酷暑に我慢は無意味!

 

水分補給用の水は多めに購入

お互い遠慮し合わないように今年はこまめに水分補給出来るようお気に入りの水・お茶・ジュースをストック多めに購入しています。

 

「何のために冷蔵庫を購入したのだ?」

「この酷暑のためだ!」

 

と言わんばかりに冷蔵庫に入っています。

 

口が乾いたらすぐ水分補給が気兼ねなく出来るために、ある程度のストックは必要だと判断した為です。

とは言え好みはそれぞれ違う為、自分が飲みたいものを購入するようにしています。

今はミネラルウォーター・お茶・コーヒー・牛乳・ジュースなどよりどりみどりな状態です(笑)

 経口補水液も購入しておこうと考えています。

 

人間の体内の約60%は水分です。

www.suntory.co.jp

 

人間にとって水分はとても大切です。

水分補給を怠ると命の危険が起こりうる場合もあります。

私たちの行動を「そんな大げさな」と思うかもしれませんが、私は真面目に考えて現在に至っております。

 

家事は協力して行う事

快適な自宅の空間を作ったらあとはいかにしっかり体を休ませるかが大事だと考えています。

共働きでお互い汗水垂らして働いているので、どうしても家事が疎かになってしまう事が多いです。

あまりにも帰宅が遅い時間になってしまう時以外は自由に家事を行い快適な自宅にしたいのです!

洗濯物を取り込んで畳んだり、洗い物をしたりするだけでも助かる事なのです。

お互い家事を押し付け合う事なく、協力していけばいい事です。

やり方が分からないなら聞けばいいのですから。

どちらかが体調不良になったら1人で行わないといけなくなってしまうので、負担を分かち合ってラクをしましょう!

 

食事は無理する事なくしっかり摂る

f:id:hituzinohane:20180723000523j:plain

https://www.pakutaso.com

 

酷暑の夏ですっかり食欲が減退しているかもしれません。

私もこの暑さのせいで食欲があまり湧かなかったのですが、自分が食べたいと思ったものは食べていました。

彼女も同じ考えだったので、多少食費が多くかかったとしても健康には変えられません。

無理して食事しても楽しくないので、食欲が湧かない時は食べたいものを食べたい分だけにしています。

私は辛いものは苦手ですが、食欲が落ちてる時はキムチ等の辛いものを食べて食欲をこれ以上落とさないように心がけてますが

 

睡眠は大事だが睡眠環境はもっと大事!

エアコンを使用して寝ています。

さすがに寝ている間に熱中症になりたくありません。

寒くなりすぎるのも嫌なのでエアコンを最新式に変えたいのですが、賃貸なので勝手にエアコンを変更する訳にもいきません。

就寝時は電気を切ってエアコンの温度設定で対応しています。

 

まとめ

この酷暑が早く終わればいいのですが、今後も暑くなってくるという予想が出ています。

熱中症は命に関わる事なので、食費や電気代なんて細かい事言ってられません。

このほか以外にもこの酷暑を快適に出来るものがあるので、今後も継続して快適に過ごせるようにしていきたいです。

 

おしまいっ!