一人より二人暮らし

シンプルライフを目指す同棲生活の衣・食・住・雑記

【同棲をした理由】こう思ったら同棲を視野に入れてもいい理由

ヒツジノハネです。

今回は、私が現在お付き合いし、同棲を考えたきっかけを書いていきます。

今後、同棲を考えている方などに読んで頂けたら嬉しいです。

結果から言うと、同棲して良かったです!

 

 

実家暮らしでは肩身が狭い

これは、彼女とは関係ありません。

同棲前の私の状況です。

実家は集合住宅で、それほど広くない所に4人暮らし。

自分の部屋は無く、パーテーションで仕切った所が自分の場所はありましたが、大の字で寝る事が出来ないほどの場所です。

 

その頃、仕事等で夜遅くに帰宅する事が多く、帰宅するにも気を使っていました。

母が晩御飯を用意してくれていた時も、夜遅くに帰宅となると、食器等が片付かないので、迷惑ばかりかけていた状態でした。

 

夜勤をやっていた時は、母は家事を行うのに気を使い、私は寝たい時に中々寝れないという双方気を使う状態でした。

 

お互い気を使う事がなくなるのは、私が出ていけば良かったのですが、条件の合う一人暮らし用の物件が中々見つからなかったのです。(もっと本気で探せば良かっただけかも知れませんが)

 

 時間を気にして遊ぶのは面倒!

夜遅くに帰宅する事は、就寝している両親達を起こす事になるかも知れないので、時間を気にしながら遊ぶようになっていました。

 

時間を気にして遊ぶのなんて

つまらん! 

 

心配してくれる気持ちはありがたいですが、自分の事は自分が一番分かっているのです。

 

彼女との将来の事を考えるようになった

f:id:hituzinohane:20170814230211j:plain

避けて通れない事です。

遊びだったら気が楽なのですがね・・・。

 

私もいい歳なのですが、彼女は私より年上の為、不安は尽きないのでしょう。いつも「若い子の方がいいんじゃない?」とか言っていましたし。

(現在もたまに言われます)

 

子供の事とか、介護の事とか、その他の事等沢山の事について話しました。

すっげ〜現実的な!

 

体の不調が続いた

私の体調不良が1ヶ月以上続いていた時期がありました。

仕事も忙しく、残業も続いていたので、帰宅するとグッタリしてしまうという状態でした。

 

休日も様々な予定があったので、体を休める日が無かったのです。

当然、彼女にも心配かけてしまうという有様でした。

 

彼女を見送るのが嫌になった

これが、一番の理由です。

彼女とのデートで帰る時、彼女を見送るという時間が非常に嫌な時間でした。

 

もっと一緒にいたい!

一緒にいられるようになるには、一緒に住むしかない!

そう心に思う時でした。

 

それから私は、仕事で得たお金を貯めて、彼女との二人暮らしの費用にしました。

 

結論

初めに書いた通り同棲をして良かったと思っています。

私と彼女は年の差はありますが、お互い持ちつ持たれつという形で今の所やっていってます。

 

これから困難な事とかもあると思いますが、僕自身は平和に二人暮らしをしていきたいです。

 

おしまいっ!!